海外リゾート投資ニュースレター          2020/9/16 第60号


リゾート建設場所
リゾート建設場所

運営責任者が語るパビリオン・エルニドの最新状況

 

パビリオン・エルニド・リゾート(以下、パビリオン・エルニド)に関して、プロジェクトの最新状況がこのほど「ザ・パビリオンズ・ホテルズ・アンド・リゾーツ」のウェブサイトに掲載されました。運営責任者のビアン・ブリセル氏のコメントをお伝えします。

 

コロナ対策として、フィリピン政府によるフィリピン国内での移動の制限があり、プロジェクトを取り巻く現状は、対面での会話が出来ないなどの問題はあります。

 

オンライン会議で多くの課題の解決に当たっています。我々が目指しているのは、この事態に対応すべく現場建築スタッフをより早く呼び集めることです。短期的には物資供給面での課題が見られますが、リスク最小化のために地元の資材供給業者を集めて、現場まで遅延なく建築物資を供給する業者の選定を進めているところです。

 

パビリオン・エルニドの建設作業の状況も次の通り語っています。

 

建設現場までの私道はほぼ準備が整い、リゾートまでの道路の拡張工事を行っている最中です。会計監査上、財務面を明確なものとする為、弊社のプロジェクト・マネジメント・チームが事業の第一段階の入札を行い、現在、審査が行われています。9月の終わりまでには基礎工事のための業者を集めることができれと考えており、年末までを目途にモデルハウスが完成する予定です。

 

パビリオン・エルニド社長がプロジェクトの建築設計図を最終承認し、関連する政府許認可の申請書に署名ませたことを発表しました。政府許認可の申請書は、パラワン島エルニドへ郵送され、最初のエルニド・ビーチヴィラの建物建設許可の申請書となります。パビリオン・エルニド・プロジェクト全員にとって非常に大きな指標となりますと喜びを語りました。

 

パビリオン・エルニド社は、最高のプロフェッショナルチームを編成しました。世界クラスのプロジェクトを実行するためのフィリピンにおける精鋭が集まってくれたのは素晴らしいことです。

 

エルニドの地域社会に雇用をもたらせることを本当に幸運に感じていると現地で協同するスタッフなどについても言及しました。

 

 

地域や関係者が一体となり、ビリオン・エルニドのプロジェクトは着々と進んでいます。

 

エルニド景観1
エルニド景観1
エルニド景観2
エルニド景観2

海外リゾート投資

叶屋不動産

101-0051東京都千代田区神田神保町1-38 森ビル2

代表 板屋 雅博   

電話:03-3518-9545

携帯:080-3350-4649

 

https://www.resortinv.com/    メールinfo@kano-ya.biz