米国不動産投資

最長5年間の確定利回り不動産投資

堅調な米国住宅市場での投資です。

・米国は世界最大のGDPを誇る先進大国

・堅調な経済発展および人口増加(現在3億3千500万人)が着実な住宅需要を裏付ける 

・現在650万件の住宅供給が不足しており、2022-2030にかけて年間172万件の住宅着工が必要と予想している

 

アメリカ不動産市場の動向

アメリカ不動産市場の失われた10年

2007年サブプライムローンの破綻整理に追われた金融機関の不動産ローンの厳格化によって、市場需要が急減速した。

その中でも、2008年9月リーマン・ブラザーズの倒産は市場に衝撃がはしり、世界的な信用収縮と株価暴落へとつながった。

このことが、2010年以降の新築住宅激減の原因となり、現在650万戸の住宅物件が不足している。

 

中古住宅の市場在庫の減少

2008年以降、新規住宅供給の減少と共に、中古住宅需要が増加し始める。当然に中古住宅の市場在庫が減少し始め、需要に対して供給が追いつかなくなる。近年の金利高騰は新規住宅購入のハードルを上げているが、住宅供給不足、旺盛な市場需要と大手建設会社の金利サポートにより住宅市場は拡大している。

 

増加するアメリカの人口

アメリカでは毎年100万人前後の移民を受け入れている。これまでに受け入れた移民は5000万人に到達している。この移民の存在がアメリカの人口を年々増加させている。すなわち、多民族社会の拡大が現在の旺盛な住宅需要のもとになっている。

ちなみに、人口の維持には2.08という数字が必要とされているが、2016年におけるアメリカの出生率は1.82であり、1.44だった日本よりは高いものの、人口の維持に必要な数字には達していない。

出典:IMF - World Economic Outlook Databases (2023年10月版)を参考に作成

本プロジェクトの競争優位

*超大国アメリカでの投資であり、途上国に対してカントリーリスクが低い
*先進国投資にもかかわらず、少額投資が可能(3万ドルからの投資)

*投資期間は最長5年と短期間

*アメリカで確定年平均利回り10%以上、契約満了後元本返済

*アメリカ国内での所得税無し(タイ:15%、マレーシア:30%、モンゴル:20%、カンボジア:10%)

 

投資の特徴 

*最低投資額:USD30,000から(それ以上はUSD1,000単位)

*投資期間は3年間のオープンローン方式(デベロッパーの判断により、1年間の延長が2回まであり)

*満期日は投資契約締結日から3年後の第4四半期最終日

*基本年利回り:単利6%(年2回支払い)

*追加年利回り:複利4%(満期後、または元本返済時に一括で支払い)

*延長利息:延長の度、追加年利回りに0.25%が上乗せ(4年目4.25%、5年目4.50%)

*収益が米国で非課税(米国非居住者のみ対象)

*担保はデベロッパーの全資産

 

詳細はオンラインセミナーへご参加下さい。 👉

 

収益シミュレーション 投資額3万ドル/3年+1年+1年

【お問い合わせ先】

叶屋不動産商事株式会社  担当:石原康明

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-38 森ビル2階

TEL:03-3518-9545 / 080-7348-8152 

FAX:03-3518-9546

Email: info@kano-ya.biz